水虫によるかゆみなどの症状は皮膚科での治療で素早く改善!

男性と女性

角質の詰まりを解消する

ドクター

白ニキビは古い角質や皮脂が毛穴に詰まった状態で、無理に潰すと跡が残ることもあります。東京の皮膚科では特殊な器具で中身を押し出す治療法のほか、ターンオーバーを促す外用薬やケミカルピーリングで改善します。

Read

お尻のトラブルへの対処法

ナース

痔はその状態によって症状が異なり、それに合った治療が行われます。特に排便時にトラブルが起きやすく、状態を放置してしまうと悪化する可能性もあります。症状がひどくなるまえに、速やかに皮膚科で診てもらわなければいけません。

Read

高温多湿を好む

ナース

白癬菌というカビ

水虫は白癬菌という真菌が原因で発生します。白癬菌は角質に根をはり増殖をします。水虫はカビの一種なので春から夏の湿気の多い時期に増えて、冬になると減少する傾向にあります。最も多く発生するのが足の部分で、痒みを伴うもの、水泡ができるもの、ひび割れて硬くなるもの、爪が白くなるものがあります。特に爪にできるものでは年齢が上がるにつれ感染度が高くなります。また、頭部や手、股間部にできるものもあります。水虫になり易い人は、白癬菌に接触する環境にある人が感染しやすくなります。水虫は高温多湿を好み、家族に水虫の人がいる場合、長時間ストッキングをはいている女性、長い時間において通気性の悪い靴を履いている人、汗をかきやすい人などが水虫になり易いと思われます。効率的に改善するのであれば、皮膚科を受診して治療を受けると良いでしょう。皮膚の状態を調べて、適切な治療を行なってくれます。

根気よく治療する

水虫は人への感染がしやすいので早めの治療やケアが大切になります。治療ではその水虫に合った薬などを使うのが重要で合わない場合では治らない場合があります。市販薬を使う場合では薬剤師に相談する事が良いでしょう。皮膚を擦る事や傷つけるのは悪化する可能性があります。水虫は予防することが大事で基本は清潔にしていることが重要です。帰宅後は足を良く洗う習慣と通気を良くして乾かすのが大事です。白癬菌はお風呂のマットやスリッパ、カーペットなどに潜むので不特定多数の人が使っている場所では注意しなければなりません。痒みは初期症状でもあるので、この段階で適切な治療とケアが大事です。きちんと皮膚科に行って適切な治療をしてもらう、また体に合った薬を処方してもらいましょう。

クリニックを探すとき

医師たち

港区で皮膚科クリニックを選ぶ時には、自由診療や保険診療などに幅広く対応している点を重視するべきです。漢方薬の処方を行っているクリニックの注目度が高く、乳幼児の診療や夜間診療にも対応しているクリニックも大人気です。

Read